ジベンザゼピン抗けいれん薬

 
抗けいれん剤は、様々なタイプのてんかんにおける発作の重症度および頻度を予防または軽減する薬物である。異なる種類の抗痙攣薬は、脳内の異なる受容体に作用し、異なる作用様式を有し得る。

抗けいれん剤において重要であると思われる2つのメカニズムは、GABA作用の増強およびナトリウムチャネル活性の阻害である。他のメカニズムは、カルシウムチャネルおよびグルタミン酸受容体の阻害である。

ジベンザゼピン抗けいれん薬に関連する病状